周りが見えなくなるほど、お金を使う人

            

数年前に再会した古い友人が、自己破産をしてしまいました。

再会というよりもお金の工面を依頼されたのですが、もちろん断りました。昔は仲の良い友人だったのですが、お金の切れ目が縁の切れ目になるとは悲しい気持ちになりました。

彼はもともとサラリーマンをしていたのですが、一儲けしようと早期退職制度を利用してアパート経営をしようとしたのです。特に誰かに騙された、というよりもきっと経営者の才能がなかったというか見通しが甘かったというか、いろいろと工面を依頼されたときに将来の事業展開といったものを聞かされましたが、素人の私にもわかるくらい甘い考えで、とても成り立つ話ではなかったのです。

ただ、成功すると思い込んだのか、周りが全く見えなくなっており家族の意見も耳を貸すことなく借金をし続けていたようです。結局法人化することすらできないまま、自己破産をしてしまい、家族にも迷惑をかけるわけにもいかず離婚、転落の道を歩んでしまった残念な人生となってしまいました。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です