借金とお金の知識

            

今の日本では義務教育としてお金の知識はあまりにも不足しているといわざるをえません。

そのためにお金を借りるために知っておくべき知識というのも当然あるのですが、その知識が足りていないために不利益をこうむっている人が多いという状況になっていると言っていいと思います。たとえば借金返済には必ず利子がつきますがその利率も法律できまっていますが、よく知らないためにいわゆる過払い金というものが発生していたりします。

金融機関からの言い値で支払ってしまっているということもあります。また他にはリボルビング払いの仕組みをよく知らずにいつまでも返済期間が延々と延びてしまっているということもあります。

このリボルビング払いは目先の月々の返済が低額で一定にできるとうメリットだけの面でしか目を向けていないといえるでしょう。支払い総額で損得をしっかり見極めれば決してリボルビング払いがいいとは言い切れないことがわかるはずです。このようにお金を扱う上での基本的なことを理解していないと同じ借金をするにしても余計なお金を支払ってしまう可能性があります。



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です