“借金は窮地を救ってくれる事も身を亡ぼす事もあるものです “

            

カードローンやクレジットカードのリボ払い等、急な出費でお金が足りなくなった時に、比較的簡単に小口の借り入れができるのは、ある意味便利です。
しかし、借金は言うまでもなく返済する必要があり、ボーナスで一括返済できると言った当てがあって行うべきものです。住宅ローンの様な長期間に渡って返済するものは別にして、こうした借金の金利は無視できるものではなく、短期で返済する事で利息額も比較的抑える事ができ、こうした限定的で返済の目途がある借り入れを行うのが原則です。
生活費用の一時的な不足をカバーする活用方法とすべきであって、ギャンブルにはまり、その穴埋めや生活費のために借金するのは論外です。ギャンブルで負けて借金する人の返済の手段はギャンブルに勝ってそのお金で返済すると言う感覚で、これでは間違いなく借金地獄に陥り、破綻する事は目に見えています。
上手に活用する事で窮地を救ってくれる事もある借金ですが、間違った目的での借金は身を亡ぼす事がある事は肝に銘じておくべきでしょう。
全ての物事にはメリットもあればデメリットもありますが、借金ほどその使い方でデメリットが大きくなるものはありません。借金をする時には、その目的や返済方法に無理が無いかを何度も考えて行うべきと言えるでしょう。”



関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です