任意整理をすると約5年間お金を借りることができない

任意整理は借金を減額できる可能性がある債務整理になりますが、任意整理をすると、約5年間お金を借りることができない可能性があります。
任意整理をすると、その情報があなたの信用情報に記載されるので、キャッシングやクレジットカードなどの審査に通りにくくなります。
この情報は、約5年間ぐらい記載されるので、その点は注意しなければいけないです。自己破産をするよりもクレジットカードなどのサービスを利用できない期間は短いですが、5年間というのは長いですので、もし任意整理をするのであれば自分の金銭管理をしっかりと行えるように今後の生活を見直す必要があります。
任意整理をすると借金が減額できる可能性があるメリットもありますが、デメリットもある事を理解して手続きしなければ後で後悔してしまう可能性があるので、弁護士に任意整理についての情報を詳しく聞いて、自分が納得した上で手続きしていくのが望ましいです。
特に収入が少ない人は、自分の収入だけで生活できるための対策を考える必要があります。